news!news!

 
2016.6.25sat「 WOMAN 」Release記念Blog「Vol.03 ヘアメイク」

ヘアメイクこばさんのお店「Very Short」富ヶ谷
IMG_3052.jpg

わたしが髪を切ってもらっているお店です。

こばさんに初めて会ったのは代々木上原の古着屋さんでした。
ベリーショートの髪型で、紫のコンバース、紺色の上着をさらっと羽織っていました。

そのかっこ良さに驚いて、声をかけて、
その数時間後には一緒にワインを飲んでご飯を食べて、
翌月には髪をきってもらうためにお店へ。

お店はこばさんとお客さんの1対1。
ゆっくりといろんなことを教わるようになりました。

その人の身長、顔の大きさ、髪の毛質によって、向いている髪型があること。
毛質にあった髪型をすれば、きれいにまとまること。くせ毛もワックスいらず。
髪型はからだ全体のバランスにあわせて、立体的にカットしていくこと。

お店のお客さんは、
男性も女性も、小さい女の子も男の子も老若男女さまざま。
いろんな国から、地域からお店に訪れます。

IMG_3054.jpg

そして、お化粧のこと。
わたしは普段、ライブ以外のときはほとんど化粧をしません。
目や、唇、眉毛、それぞれそのままでいい感じでいられたらいいな、と。
自信があるわけではないけれど、
ありのままが一番個性があって面白いというおもうから。

でも、いざメイクをするとなったとき気をつけること、
活かすところとそうでないところ、ずっと不安でした。
そんなとき、こばさんにメイクも教わるようになりました。

陰影のつくりかた、自然でツヤのある肌、
色の選びかた、眉毛のつくりかた、アイシャドウののせかた、
アイラインのひきかた、必要な道具。

微妙で繊細な顔のつくりかたを教わって、
自分の顔がさらに面白いなと思うようになりました。

これまで、わたしが参考にしてきたものは、
わたしにはまっていなかったことを知りました。
リキッドのアイラインも、チークも、マスカラの濃さも。
自分のナチュラルメイクを知りました。

メイクは、時と場所によって誇張して見せることはあるけれど、
それは、人それぞれ、差し色や陰影のつくりかたによって大きく変わる。
濃さ、ではなく、バランスによってつくりあげていくこと。

こばさんのヘアメイクの現場は様々で、
お店でのカットだけではなく、コマーシャルや映画やミュージックビデオ。
有名な俳優さん、こだわりのあるプロデューサーさん、クセのあるひと。
話しだすと、エピソードがたくさんありすぎて1〜2時間あっという間です。

そのなかでも、印象的な話は、
センスというものが才能のひとつであること。
それは磨きつづけるもので、かぎられた一流の舞台や映画、
読書や自然の風景から得られるものが大きいこと。
すべてにはルーツがあり、こだわりという愛があること。
唯一無二の存在、価値を見極められるかどうか。

大切なこと、必要なことって、もうみんな持ち合わせていて、
それをどこまで磨いていけるか。自分を信じていけるか。
そんな、ごく自然で大切なことに気づけた、というか。思い出したような気持ち。
まだまだわたしの高みを目指したいと思う背伸びはきっと続くけど、
ナチュラルで素敵な年の重ね方をしたいなと思います。


こばさん。
IMG_3061.jpg


自分の顔や容姿の特徴をもっと見つけたくて、
その特徴を活かす髪型やメイクを知りたい方。
ぜひ、こばさんのお店へ。
https://www.facebook.com/veryshortkoba/?fref=ts


IMG_8049.jpg




― maaayo Release Live ―
6月25日(土)
12:00開場
12:30開演 / 14:15終演予定
場所:月見ル君想フ(外苑前から徒歩5〜6分)

普段音楽を聴かない方も、家族連れの方も、
いろんな方に聴きにきていただきたくて土曜のお昼の時間帯にしました。
ぜひ、お誘いあわせのうえいらしてください。
昼食は会場でもご用意ありますが、座席が限られていますので
表参道や外苑前でゆっくり食べてからいらしてください♬

当日は、物販スペースの混雑が予想されます。
会場の入り口前で11時15分より先行物販・整理券の配布をおこないます。
その際に購入していただけますとたいへんありがたいです。

心より、お待ちしております!

maaayo
....... 0625maaayo Release Live!!!!! comments(0) trackbacks(0) posted by maaayo .......
スポンサーサイト
....... - - - posted by スポンサードリンク .......
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://maaayo.jugem.jp/trackback/753
<< NEW TOP OLD>>